2010年06月19日

SFCG資産流出事件、大島元会長を任意同行(読売新聞)

 破産手続き中の商工ローン大手「SFCG」(東京都中央区)による資産流出事件で、警視庁は16日午前、同社の大島健伸元会長(62)に任意同行を求めた。

 民事再生法違反(詐欺再生)容疑などで取り調べを行うとみられる。同庁は、関係者数人からも事情聴取する方針で、SFCGの破綻(はたん)を巡る不透明な資産流出の解明を進める。

帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
民主・枝野幹事長 「趣旨が正確に伝わってない」 菅首相の消費税引き上げ発言に対する党内の批判に(産経新聞)
岡田監督が菅首相に「コンディションは徐々に上がっている」(産経新聞)
シャチ「ナミ」ちゃん、太地町から名古屋へ移送(産経新聞)
雑記帳 完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 03:45| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

蓮舫氏入閣に台湾メディアも関心 出版社には思わぬ“特需”(産経新聞)

 菅内閣では最年少となる蓮舫行政刷新相の誕生で、蓮舫氏の父親の出身地である台湾のメディアや、出版業界にも歓迎ムードが広がっている。

 バナナの貿易商だった台湾出身の父を持つ蓮舫氏。朝から自宅前には台湾紙「中国時報」の記者ら台湾メディアの関係者が集まった。中国語で蓮舫氏に呼びかけを行うなど、関心の高さをうかがわせた。

 中国時報(電子版)は蓮舫氏が行政刷新相に内定した6日、「家族ぐるみで喜んでいる」という趣旨の記事を掲載。兄のコメントとして「昔は(蓮舫氏と)一緒に自転車に乗って吉野家に牛丼を食べにいったが、いまでは断られて悲しい」というエピソードを紹介した。

 また、PHP研究所は8日午前、18日発売の蓮舫氏の著書『一番じゃなきゃダメですか?』のうち、50ページ分を“立ち読み用”としてインターネットで無償公開。ミニブログ「ツイッター」でPRしたところ、入閣効果も相まって、予想以上の反響に。

 著書は、事業仕分けの裏話や、蓮舫氏の生い立ちを描いた作品で、出版を企画した同社の大村まりさん(24)は「事業仕分けで初めて政治に興味を持って、出版を持ちかけたが、まさか入閣するなんて」と思わぬ“特需”に喜びを隠せない様子。

 『一番じゃなきゃ…』という刺激的なタイトルについては「賛否もありましたが、蓮舫さんのことがよく表れている言葉だと思う」とし、「嫌がられるかと思ったが、『自分の発した言葉だからいいですよ』と蓮舫さんからも快諾いただきました」と内幕を明かした。

【関連記事】
「ロックな感じで頑張れ」蓮舫氏入閣、内田裕也さんが歓迎
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
枝野新幹事長「活動費は均等に分配する」
民主党執行部がスタート 「菅政権」8日発足
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

1年で5000万円を稼いだ「遺言ビジネス」の真髄とは?(Business Media 誠)
参院選、負ければ辞任=自民・谷垣氏(時事通信)
<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
生活保護受給の外国人、初の1万人突破 大阪市(産経新聞)
中山岩太「神戸風景」 旧居留地 洗練されたイメージの源流(産経新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。