2010年03月23日

アフリカ投資かたる2社、実名を公表(読売新聞)

 「資源豊富なアフリカで金や原油を採掘する」などとうたい、社債の購入を勧めていた東京都内の開発会社2社について、国民生活センターは17日、詐欺や金融商品取引法違反の疑いがあるとして実名を公表するとともに、警察庁と金融庁に通報した。

 2社の社債購入を巡っては、同センターに「解約に応じてくれない」などといった苦情約550件が高齢者を中心に寄せられていた。同センターは被害総額は約15億円に上るとしている。

 この会社は「アフリカンパートナー」と「アフリカントラスト」。2009年11月に合併し、「ワールド・リソースコミュニケーション」と社名を変更した。トラスト社のパンフレットなどによると、アフリカでの原油や金、プラチナなどの採掘や販売などを業務に掲げているが、同センターは「業務実態は確認できず、元本保証をうたって勧誘を行った」としている。

社民、国会同意人事への対応は来週以降に持ち越し(産経新聞)
枝野大臣が検察の捜査批判、検証必要と指摘(読売新聞)
期限切れワクチン接種=小学生4人に−前橋市(時事通信)
警視庁捜査1課長を配転、元女性職員と問題?(読売新聞)
北教組「逆ギレ」文書に馳議員「蛙の面に小便」 衆院文部科学委(産経新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。