2010年02月08日

龍谷大で入試ミス 受験者全員正解に(産経新聞)

 龍谷大学(京都市)は5日、1月23日に実施した一般入試で、文系全学部の選択科目の日本史で出題ミス、理工学部の化学で表記ミスがあったと発表した。

 同大学によると、日本史では明治時代に国内で神道の国教化を進めた役職の問題で、6つの選択肢に正答がなかった。受験者全員を正解扱いにした。化学では酸化数の問題の選択肢で、文章の表現に不適切な部分があった。問題を解く上で支障はないとしている。

雑記帳 「逆チョコ」はいかが(毎日新聞)
【著者に聞きたい】太朗想史郎さん 『トギオ』(産経新聞)
新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補(時事通信)
新幹線事故 ボルト4本付け忘れ パンタグラフ交換の際(毎日新聞)
車内での嘔吐叱られ立腹 タクシー運転手に暴行の男逮捕(産経新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育の政治的中立 首相「当然」と答弁 衆参代表質問(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日の衆参両院の代表質問への答弁で、教育のあり方について「教育の政治的な中立性をとらなければならないのは当然だ」と述べた。日教組出身の民主党の輿石東参院議員会長は昨年1月に「教育の政治的中立はあり得ない」と発言したが、首相答弁はこの認識を全面否定した形となった。

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件をめぐり、民主党内に報道を「検察のリークだ」との批判があることに関し、首相は「政治家が個人として疑問や見解を表明することは、節度をもって行う限り、一概に非難すべきではない」と擁護する考えを表明。その一方で、報道のあり方については「情報源の秘匿も含めて報道における節度と良識は報道機関自らが保つべきだ」と述べ、報道機関を牽制(けんせい)した。

 小沢氏の国会への参考人招致については「検察捜査の途中で事実関係も解明されていない。政治家としての判断は小沢氏自身にある」と小沢氏の判断に委ねる考えを重ねて表明した。

 一方、平成23年度以降の子ども手当について「基本的にはマニフェスト(政権公約)通りに行いたい」と述べ、月額2万6000円の満額支給を実現する考えを表明した。子ども手当は22年度予算案では半額支給となっており、野田佳彦、峰崎直樹両財務副大臣はマニフェストに明記した23年度以降の満額支給は困難との認識を示している。

首相動静(2月2日)(時事通信)
遮断棒折れ3万4千人に影響 JR学研都市線(産経新聞)
普天間継続使用を否定=鳩山首相(時事通信)
無登録営業容疑 投資顧問会社を家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
陸山会事件 石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず(毎日新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。