2010年02月04日

小沢氏は「秘書の結婚式」に出席 「薄汚い金は受け取っていない」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は30日、選挙応援のために訪れていた松山市から空路帰京し、午後には都内で開かれた秘書の結婚式に出席した。

 自身の資金管理団体「陸山会」の土地購入資金の原資をめぐり疑惑を指摘され続けている小沢氏だが、29日夜に松山市内のホテルで愛媛県選出の党所属国会議員らと会食した際には「薄汚いお金は受け取っていない。新聞は信じてくれないからああやって書くが」などと述べて、改めて潔白を訴えたという。

【関連記事】
胆沢ダムは「小沢ダム」か 八ツ場住民「なぜ続行」
小沢氏「頑張る」 幹事長続投に改めて意欲
野田財務副大臣が小沢氏進退に言及
所信表明「政治とカネ」問題が少ないと野党批判
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 

<東海道新幹線>一時不通…乗客3100人「缶詰め」疲労感(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)
新宿区が障害給付の申請拒否で謝罪(医療介護CBニュース)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
<国家公務員法改正>仙谷担当相、降格規定に前向きな姿勢(毎日新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福、ウェルかめ!! 成田山不動尊で節分祭(産経新聞)

 節分の3日、大阪府寝屋川市の成田山不動尊(成田山大阪別院明王院)で節分祭が開かれ、NHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」でヒロイン役を演じる倉科カナさんや、共演の石黒賢さんらが特設舞台から威勢良く豆をまいた。

 節分の掛け声は「鬼は外、福は内」が決まり文句だが、成田山では「不動明王が鎮座する境内に鬼がいるはずがない」とし、「福は内、福は内」の繰り返し。境内は袋や帽子を広げて福豆をつかみ取ろうとする大勢の参拝客であふれ、熱気に包まれた。

 この日は、豆まき用と手渡しする袋詰め分と合わせ、大本山(成田山新勝寺)がある千葉県産の落花生2トンと大豆300キロが準備された。

 同不動尊側は「今年も大阪から全国津々浦々に大きな福をまき広めたい」。

元中京銀行支店長を逮捕=手形割引悪用、特別背任容疑−愛知県警(時事通信)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長−菅財務・経財相(時事通信)
【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)
山田・京都府知事が3選出馬を表明(産経新聞)
鳥もブルッ、う〜寒い 断崖でウミウが越冬(産経新聞)
posted by ヤナギサワ タケシ at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。